こびりついた汚れ。それをこすって洗い落とす手間。皿洗いは決して楽しいものではありません。 しかし、レストラン、ホテル、老人介護施設など、あらゆるフードサービス事業において、皿洗いは迅速かつ効率的に行われるべき日々の業務の一部です。 実際に、スムーズに行われているか否かで、ビジネスの業績やスタッフのやりがいやお客様の満足度が左右されるのです。 だからこそ、確実に短時間で済ませることが重要なのです。

計画的で確実なシステムの構築は、皿洗いに画期的な効果をもたらします。以下に汚れを素早く洗い流すための時短術をご紹介します。(お客様に出したお皿が汚れていたなどということは絶対にあってはならないことです。)

仕事を組織立てする

キッチンの棚の中をチェックしてみてください。ほとんど使っていない、もしくはまったく使っていない食器洗浄剤がたくさん並んでほこりをかぶった状態になってはいませんか。おそらく経費削減を狙って新製品の洗浄剤を安売りで買ったものの、期待したほど汚れが落ちなかったのではないでしょうか。そして、そのせいで皿洗いがますます面倒になったのではないでしょうか。使っていない食器洗浄剤が棚にたまっていくというのはよくあることです。しかし、実際にはスタッフが皿洗いに本当に必要なものを見つけ出す妨げとなっているのです。 しかし、実際にはスタッフが皿洗いに本当に必要なものを見つけ出す妨げとなっているのです
皆さんとスタッフが使っている製品を数種類だけ残してください。そして、残りの食器棚や棚の中の不必要な食器洗浄剤やその他の製品はすべて捨てましょう。

適切な道具を使う

きちんと素早く皿洗いをするには、適切な道具を使うことが大切です。皿洗いを素早くかつ完璧に洗うのは、特に混雑している時間などは難しいかもしれません。皿洗いに時間や手間がかかったりすると、キッチンでの作業を円滑に行う妨げとなることがあります。 ですから、効果的な食器洗浄剤を使用するというのは重要なことです。油を引き寄せて水をはじき、鍋やフライパンにこびりついた油汚れを浮かせて取り除く界面活性剤という重要な成分がある食器洗浄剤を使いましょう。 P&G プロフェッショナル のジョイクイックは油汚れを素早くきれいに落とします。以下のビデオでその効き目をご覧ください。


P&G調べ。条件によって結果が異なる場合があります。
P&G プロフェッショナル のジョイクイックを皆さんの棚に、そしてキッチンに一本置いておくだけで、皿のしつこい油汚れはさっと落ち、省けた時間はお客様のおもてなしに使うことができるのです。

そして、仕事を合理化する

汚れた皿を置く場所はどこにするか、汚れた料理道具や皿を水に浸ける場所はどこにするか、皿洗いはどのくらいの頻度で行うか、誰が行うかなどについてプランを立ててみましょう。ビジネスの規模とスタッフの配置に基づいて、ビジネスに適した運用計画を立てます。計画ができたら、プリントアウトしてラミネート加工して、皿洗い場に貼っておきましょう。

このヒントは役に立ちましたか?

Tip ID

Tip Name

Opinion